本日 25 人 - 昨日 35 人 - 累計 62659 人 サイトマップ

マザーズコーチング

  1. HOME >
  2. マザーズコーチング
とにかく聞いてほしい。

とにかく見てほしい。


そんな純粋な子供達の気持ちにいつもいつもは応えてあげるほどの余裕ってなかったりもするけど。


ちょっとしたコツを知っておくだけで、
それをちょっと意識するだけで
イライラが少し減ったり、曇ってた気持ちが少し晴れたり。
子供に安心感を与えてあげれる。

それが自己肯定感につながる。


まずは、いつもじゃなくていい。
完璧じゃなくていい。


意識して日々過ごしていたら自然とできるようになるから。


子育てのコツ知ってほしいです。




マザーズコーチング代表の馬場コーチがFacebookにアップされてたこちら↓をぜひ読んでほしいと思い、そのまま貼り付けさせていただきます。


【 忙しいママの、迷わない子育て 】

こどもが友達ができず学校に行きたがらない。
こどもが友達に嫌なことを言われ泣いている。


こどもだって日々たくさん壁にぶつかり、
いろんな葛藤と戦っていますよね。


そんな時こそ、親の「関わり方」が問われます。


こどもの問題を必死で解決しようとする母親がいます。

「どうしたらいいのか?」と正解を求める母親もいます。


親なら誰でもこどもが悲しむ顔はみたくありませんから、それも当然のこと。


ただ、母親が「何を」を解決しようと関わっているのかがとても重要となります。



友達に言われた言葉で泣いているこどもに…

「なぜ、そんなことを言われたのか?」を探る母親もいます。


「誰に言われたのか?」を探る母親だっています。


「なぜ、泣いているのか?」を探る母親もいれば、


「そう言わせないために何を変えるか?」を一緒に考える母親もいます。


また、「学校にいかない!」と言わせないようにするために、どうしようか?を考える母親もいます。




この違いは、母親が子育てに対して、どれだけの視点を持って関わっているかで決まっています。

また、問題を母親が問題視すればするほど、問題を大きくしてしまうことがあり、このようなコミュニケーションの知識、視点の数も問われます。



マザーズコーチングスクールは、
子育ての質は、母親がどれだけたくさんの時間をこどもと関わったかではなく、


《母親がどれだけたくさんの視点を持ってこどもと関わったか》で決まると考えています。



現代、多くの母親が忙しく働きながら子育ても必死でがんばっています。

マザーズコーチングスクールのコンテンツもマザーズティーチャーも忙しい母親の味方です。



限られた時間の中でも、楽しく納得のいく子育てができるように、
忙しい母親に贈る、愛情たっぷりのプレゼントだと私は思っています。



【 忙しいママの、迷わない子育て 】



これが、2017年度のマザーズコーチングスクールのキャッチコピー。

今年度も、ひとりでも多くの忙しい母親に届きますように…


マザーズコーチングスクール
代表 馬場啓介



マザーズコーチングスクール ホームページ クリック





エステサロン穏 レンタルスペースにて開催予定。


講座日程はこちら→
申し込み受付中。
説明のみ聞きたい方は電話にても対応いたします。
090-5742-4857(山口)